LIFESTYLE

男子の本読み 008: 竹内涼真

2017年8月23日更新

kawata

Soup.編集部K

Soup.編集部員です。

男子の本読み 竹内涼真

読書をしている男性の姿は、
どうしてこんなに魅力的なのだろう。
その横顔、ページを繰る手。
ふとした瞬間こちらに向ける眼差し。

日本テレビ系で放送中のドラマ『過保護のカホコ』。タイトル通り、過保護すぎる女子大生・カホコをめぐるホームドラマだが、その中でもキーパーソンとなる初(はじめ)を演じる竹内涼真さんに、ドラマの見どころやプライベートについて話を聞いた。

––カホコと初のテンポのいい掛け合いが、見ていて面白い! と評判ですが、高畑充希さんとは最初から息が合った感じだったのでしょうか?

「ちょっと時間はかかりました。お互いのセリフを拾って、それに対して返すっていうリハーサルを重ねるうち、少しずつテンポが合うようになっていった感じです。セリフがないところはアドリブで肉付けするところもありますね。そうしていかないと意外とああいうテンポって生まれないので。例えば僕がたまに言っている『ちょいちょいちょいちょい!』ってセリフは台本には書いてないんですけど(笑)、そんなセリフを重ねていくうち、だんだんあのテンポのよさが生まれていったのかな、と思いますね」

––そんなコミカルな演技の合間に、急にシリアスになったりしてドキッとするシーンもあるのですが、意識的に演技の切り替えをするのですか?

「撮影が始まってすぐ、監督さんや脚本家さんに『かっこつけないで、感情は大げさなくらい出したほうがいいよ』と言われて。自分ではかっこつけてるつもりはなかったんですけど、自分が想像出来る範囲でニュアンスをつけてるっていうのは、ある意味かっこつけてるのかな、って気付かせて頂いて。それからは『どんな風に見えるのか分からないけど、思い切ってやっちゃえ!』って振り切った演技をすることができましたね。思いきりが良くなって、演技の幅が広がったかな、って思います。

––カホコみたいな、見ていてハラハラするタイプの子は、竹内さん個人としていかがですか?

「僕はどちらかというと一緒にいることで自分が向上できる人がいいですね。もちろんカホコみたいに一生懸命な子だったら、なにか返してあげたいなと思うし、他の人にはない真っ直ぐさに影響を受けたりすると思います」

トップス¥29000、パンツ¥47000、シューズ¥34000 以上MSGM(アオイ 03-3239-0341)、メガネ¥31000 /ギャレット レイト カリフォルニア オプティカル(ミス シープアイヴァン03-6380-5405)

photograph : Takuya Sugie[TRON] / styling : Takashi Tokunagahair&make : Tomokatsu Sato / text&edit : Hiroaki Kimura

profile

竹内涼真(たけうち りょうま)/ 1993年4月26日東京都生まれ。主な出演作に、映画『青空エール』『帝一の國』や、ドラマ『仮面ライダードライブ』『下町ロケット』『時をかける少女』 、連続テレビ小説『ひよっこ』など。2nd写真集「1mm」(集英社刊)が好評発売中。

kawata

Soup.編集部K

Soup.編集部員です。


  • 杉枝真結☆連載#22「2018年」

    杉枝真結☆連載#22「2018年」

    2018年1月5日更新

      皆さま♡♡♡ 新年明けましておめでとうございます! 寒い日が続く今日この頃… いかがお過ごしですか (*´-`) あっという間に過ぎていく月日に 毎回驚かされているような気がしますが、 だからこそ一日一日を […]

  • 杉枝真結☆連載#21「アルバム」

    杉枝真結☆連載#21「アルバム」

    2018年1月5日更新

    皆さん、こんにちは♡ 先日◎ 整理整頓していた棚から 古いアルバムが出てきたんです! そのアルバムには 子供の頃の写真がいっぱいで… あぁ、ここ行ったの覚えてる♪ と懐かしく感じるものから → どこだ、これはなにをしてる […]

  • エヘカソポ「たぶん、私が好きなもの。」

    エヘカソポ「たぶん、私が好きなもの。」

    2017年12月22日更新

    エヘカソポ編集部Presents 「たぶん、私が好きなもの。」 9回目の今回は、「チェック柄」をご紹介。 チェック柄のラップスカート 各¥5900/エヘカソポ(キャンカスタマーセンター)